射和祇園まつりのホームページが出来ました!

射和祇園まつり 三重県指定無形文化財

起源は、射和軽粉(けいふん)で成功した射和の豪商(冨山家、竹川家、國分家等)が江戸、京都に進出したことで、祭りも京都の祇園祭りを取り入れ、元禄時代から盛んになりました。

射和町は6町内(6組)に分かれ、各組ごとに大小の屋台(山車)を一基ずつ計12基持っています。
伊佐和神社には、元禄時代の作と、明治時代に更新された2基の神輿があります。

ホームページはコチラ   →   http://izawagionmatsuri.jp/

射和祇園祭 大屋台射和祇園祭 神輿