令和元年度 冬季企画展「赤く彩られた土器」

令和元年度 冬季企画展「赤く彩られた土器」

弥生時代後期から古墳時代の初めにかけて、赤色顔料で色付けをされた土器が数多くつくられました。これらの土器は、全体を赤く塗るだけでなく、赤い色で模様をつけたものもあります。赤い色が持つ意味を考えながら、県内の遺跡から出土したいろいろな赤彩土器を紹介します。

■ワークショップ

『色付き勾玉づくり』は、2月29日(土)3月1日(日)に開催されます。

詳しくはチラシをご覧ください。

チラシおもて

チラシうら

チラシおもて

チラシうら