令和3年2月7日(日)~3月31日(木)「ゆうづる会」作品展開催いたします。

令和3年2月7日(日)~3月31日(木)「ゆうづる会」作品展開催いたします。

江戸時代に庶民の粋な着物として時代を風靡した松阪もめん、

松阪もめんを織りつなぐ「ゆうづる会」の手織り作品を展示いたします。

日時:令和3年2月7日(日)~3月31日(水)

        2月7日(日)~2月28日(日)9:00~17:00

                  3月1日(月)~3月31日(水)9:00~18:00

場所:豪商のまち松阪 観光交流センター 2階 展示室

             松阪市魚町 1658-3

             ℡ 0598-25-6565

 

 

松阪もめん手織り伝承グループ ゆうづる会について:

松阪市とその近隣は、木綿で栄えた地域です。

1978年(昭和53年)県立博物館を退職後、当時図書館であった松阪歴史民俗資料館の初代館長に就任した

田畑美穂さん(1921年~2009年)は、同館の展示の主なテーマとして松阪木綿を据えることを考え、住民から

松阪木綿に関する品々を収集しました。その中には反物、着物などに混じり、織り機がありました。

その織り機を動かし活用することを考えたのが、今のゆうづる会が生まれたきっかけになりました。

機をただ飾っておくのではなく、実際に動かして布を織る、そのために人を募集し、集まった人により、1981年(昭和56年)

ゆうづる工房として発足、翌年ゆうづる会と命名されました。