松阪市立歴史民俗資料館 特別展 【蒲生氏郷と松坂城】令和3年10月5日(火)~12月12日(日)

松阪市立歴史民俗資料館 特別展 【蒲生氏郷と松坂城】令和3年10月5日(火)~12月12日(日)

「松坂城跡国史跡指定10周年記念 日本百名城登録15周年記念

特別展 天下統一の時代を生きた武将 蒲生氏郷と松坂城」

開催期間:令和3年10月5日(火)~12月12日(日)

蒲生氏郷が、天正16年(1588)に四五百森に松坂城を築き、430年余りの時が経ちます。氏郷は、松阪に居たわずか数年間で、築城と並行して、城下町に街道を引きこみ、町中掟を出すなどして城下町の整備を進め、その後の松阪の発展の礎を築きました。

織田信長に将来を嘱望され、豊臣秀吉に一目置かれ、徳川家康に迫る領地を有し、天下統一の時代を生きた武将蒲生氏郷とは、どんな人物だったのでしょうか。

稀代の戦国武将でありながら、利休七哲の筆頭に数えられる茶人として、蒲生家の伝統を受け継ぐ歌人として、キリスト教世界の文化に接したキリシタンとして、当代一流の文化人であった蒲生氏郷と松坂城の歴史をひもときます。

 

ところ:松阪市立歴史民俗資料館(2F 小津安二郎松阪記念館)

三重県松阪市殿町1539(松坂城跡内)

TEL&FAX: 0598-23-2381

開館時間:9:00~16:00

休館日: 月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日
入 館 料:   一般/80円 6歳以上18歳以下/40円
ア ク セ  ス:         電車 近鉄/JR松阪駅下車徒歩約15分
車  松阪ICより約10分

市民病院前の松阪市駐車場(無料)をご利用下さい。