2022年9月24日(土)松阪市・浜田市観光文化交流事業「石見神楽(いわみかぐら)」松阪上演会について。

2022年9月24日(土)松阪市・浜田市観光文化交流事業「石見神楽(いわみかぐら)」松阪上演会について。

「石見神楽(いわみかぐら)」松阪上演会
 ─── 出演 :石見
神楽佐野社中(いわみかぐらさのしゃちゅう) ───

観光文化協定を結ぶ島根県浜田市から神楽社中を招き、「石見神楽」を上演いたします。

日本遺産にも認定されている「石見地方に伝わる伝統芸能」神話の世界を今に受け継ぐ勇壮な舞をお楽しみください。
今回よりチケット制(有料)となっておりますのでご注意ください。

 

日程:令和4年9月24日(土)

場所:クラギ文化ホール(松阪市川井町690番地)

時間:開場13:00 開演13:30~

※チケット制(有料・500円)となります。全席自由です。

出演:島根県浜田市 石見神楽佐野社中

演目:武の内(たけのうち)

□□:三上山(みかみやま)

□□:大□蛇(おろち)

 

チケット発売日:令和4年8月8日(月)

チケット取扱所

・クラギ文化ホール管理事務所 (9:00~17:00 火曜休館)
・嬉野ふるさと会館      (9:00~17:00 月曜休館)
・飯南産業文化センター    (9:00~17:00 平日のみ取扱)
・チケットぴあ [Pコード:514-095]

※前売券完売の場合、当日券の販売はございません。
※チケットの取扱は各施設の上記時間に限ります。また休館日にもご注意ください。
※飯南産業文化センターは月曜休館ですが上記時間にて取り扱っております。

驛鈴がつなぐ松阪市と島根県浜田市

第4代松坂城主であった古田重治公が、今から約400年前の1619年に石見国浜田に転封され初代藩主となりました。また、浜田の第12代藩主の松平康定公が松阪の国学者本居宣長に贈った「驛鈴」は、現在もなお松阪市のシンボルとして市民に親しまれています。
このように、松阪市と浜田市は歴史的なご縁を持つことから民間交流が始まり、平成28年4月2日には「驛鈴で結ぶ松阪市・浜田市 観光・文化交流協定」が締結され、両市の絆はより深いものとなりました。

お問い合わせ:松阪市 観光交流課 📞0598-53-4405  松阪市ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石見神楽チラシPDF→こちら