でんがら

でんがら

飯高地域の昔ながらのおやつで、ほうの葉に包んだアン入りダンゴ。田植えや農作業を終え、
「野上がり」という行事の時に、各家庭で手作りのでんがらがみられる。

でんがらは、昔から飯高町に伝わる郷土料理の一つです。農作業が一段落すると、休息日に
「でんがら」を作り食べました。

「でんがら」の言われは、ほうの葉の葉脈と外側の結んである紐跡によって団子の表面に
つけられる跡が、ちょうど「田」の字に読めることから、「田柄」から「でんがら」になったと
言われています。

飯高の特産品がそろう「飯高駅」