桜松閣(国有形登録文化財)デジタルライトアップ(12月2日・3日・4日)

桜松閣(国有形登録文化財)デジタルライトアップ(12月2日・3日・4日)

「豪商のまち松阪キャンペーン」の特別企画「国登録有形文化財 桜松閣 デジタルライトアップ」が始まりました。

とてもきれいですので、ぜひこの機会に行ってみてくださいね。

    

   

郷土の偉人・本居宣長が長年研究した「古事記」や「源氏物語」。これらの古典を描いた浮世絵や屏風をモチーフにしたプロジェクションマッピング映像を国登録有形文化財・桜松閣(鈴屋遺蹟保存会旧事務所)の建物に投影するほか、庭園をデジタルライトアップで彩っています。

実施日

2022年12月2日(金)3日(土)4日(日)

実施時間

17時30分から20時まで(最終日は19時30分まで)
※雨天の場合は投影を一時中断・中止する場合があります。

場所

松坂城跡 桜松閣(鈴屋遺蹟保存会旧事務所、三重県松阪市殿町)
※本居宣長記念館は午後5時に閉館しますので、桜松閣側の山門から入退場をお願いします。

入場料

無料(来場者多数の場合人数制限を行うことがあります)
※通常は有料エリアですが、ライトアップ期間のみ無料で入場いただけます。

※桜松閣は外からの見学のみとなり、中に入ることはできません。
※デジタルライトアップを行う庭園は、通常、本居宣長記念館との共通券でご入場いただきますが、開催時間のみ無料とします。