2020年3月7日(土)3月8日(日)初午大祭

2020年3月7日(土)3月8日(日)初午大祭

開催中止となります。

令和2年3月7日(土)、8日(日)に開催を予定しておりました、「令和元年度(令和2年)初午まつり」について、全国的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、来場者及び出店者の健康と安全を最優先し中止』とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

※例年行っている交通規制はございません。

岡寺山継松寺では、参拝者への御祈祷はされます。

3月7日(土)8日(日)二日間の御祈祷はポスター通り、8:00~20:00を予定されています。

また、商店の店先で ねじりおこし、さるはじきなどを販売されるところはあります。

 

初午大祭

2020年3月7日(土)宵宮
3月8日(日)本日

 余福祭はございません

 

※2020年から初午大祭は3月初めの午の日に近い土・日曜日の二日間に開催となります。

※岡寺山継松寺の祭礼は従来どおり初午の日(2020年は3月初めの午の日は4日)

開催場所/松阪駅前周辺商店街、岡寺山継松寺

松阪市観光協会 0598-23-7771

岡寺山継松寺  0598-21-0965

毎年3月初めの午の日に近い土・日曜日の二日間に渡って行われ、県内の仏教寺院の祭礼としては最大の初午大祭となる。
この地方に春を呼ぶ行事として厄年の男女や一般の参詣客で街中が賑わう松阪三大まつりの一つである。
参道や境内には露店が立ち並び、中でも「厄をはじきさる」という縁起玩具の「猿はじき」や「厄をねじ伏せる」という説のある「ねじりおこし」が販売され、人々はこれを買い求めて一年の無事を祈る。
又、全国でも珍しい、厄年の女性が県内外から多数参加して、初午大祭本日に「厄まいり宝恵駕籠行列」が盛大に催される。

●交通のご案内/JR・近鉄松阪駅より徒歩5分