旧小津清左衛門家

旧小津清左衛門家 企画展情報はこちら>>

松阪歴史文化舎(旧長谷川家・旧小津家・原田旧宅)ブログはこちら>>

旧小津

 

小津家は、代々清左衛門を襲名した江戸店持ちの伊勢商人で、同様に江戸や大坂に進出した多くの松阪出身者の中でも、三井・長谷川などと並ぶ屈指の豪商であった。この住宅はその本宅で、松阪商人が軒を並べた本町通りの南側に所在する。
建物は町屋造りの主屋のほか、向座敷・料理場、内蔵、前蔵などが現存する。主屋は、江戸時代中期の1700年前後に建立された中枢部に、後世増築の座敷が続く大規模な建物であり、前蔵は享保15年(1730)、内蔵は元文(げんぶん)3年(1738)、向座敷は安政2年(1855)に建築された。旧小津家住宅は、松阪の豪商の本宅として規模の大きな町屋であり、建築年代が古いばかりでなく、整った格式の高さが各所に見られる。近年の慎重な修理によって、ほぼ明治以前の姿に復旧されているのも高く評価され、近世の町人文化を知るうえで貴重な建築である。
なお、建物は「旧小津家住宅」として三重県指定有形文化財(建造物)に、土地は「旧小津清左衛門家」として松阪市指定史跡になっている。
平成8年10月から「松阪商人の館」として一般公開している。

 

管理施設一覧へ